外構・造園工事 施工例 No.043  
もしかしたら、もう1台、車を止めるかもしれない駐車場・中庭のリフォーム工事
 

外構・造園工事 施工例

施工後(オープン外構)

今回の工事は…

 

「今は車1台だけど、もしかしたら、2台止めることもあるかもしれないから…」というリフォーム工事でした。

 

外構・造園工事 施工例ブロック塀のクローズ外構の門まわりをオープン外構にし、中庭に駐車・駐輪スペースを造り、新しくレンガの門柱を立てています。

外構・造園工事 施工例

施工前(クローズ外構)


 

カーポート工事

 

外構・造園工事 施工例

カーポートは、YKKapのレイナポート51-30タイプを施工しました。1台用のカーポートとしては横幅が大きく、今回駐車スペースとアプローチの両部分に屋根がかかるようになっています。


オプションとして収納式の物干しと外部コンセントも施工をしています。収納式物干しは、昼間、車が無いときが多いという場合は便利かと思います。外部コンセントはセンサー式の照明など取り付けたい場合は良いかと思います。

外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例
横幅がとてもワイドなカーポートです。 収納式物干し

 

門まわり工事

 

門まわりは、クローズ外構からオープン外構に大きく様変わりしました。

 

門灯、表札、インターホン、ポストは、すべて、この幅33cm角のレンガ積み門柱1本の中に収め、シンプルな門まわりになっています。

 

  当初、この門柱はシステム門柱をデザイン案として出していたのですが、お客様のイメージから、このスタイルになりました。

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例

KOIZUMIの不思議な門灯

外構・造園工事 施工例

施工前

外構・造園工事 施工例

施工後

外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例

ココ(?)です。

 

門まわりの床部分は、既存のタイル貼りを部分的に残し、レンガで囲って使用しています。
お客様自身、毎日のように使っていたものですので、愛着もあるかと思います。
「…特に私は門柱下のタイルとレンガのつながりが気に入っています。」と、今回の工事でお客様に喜んでいただいた部分のひとつでした。


 

アプローチ工事

 

既存のコンクリート駐車場の脇は、天然石のアプローチです。


同じ場所に、駐車スペースとアプローチがある場合、「ココがアプローチだよ!」と分かるように変化をつけ、演出しておくと何となく便利ですね。

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例

 

樹脂製洋風フェンス工事

 

今回施工したフェンスは、タカショーのe-ラフィードです。パネルは樹脂製で、柱はアルミ材ですので、メンテナンス無しで長く使用出来ます。

 

天然木のフェンスを長く使う場合は、防腐剤を塗装するなどのメンテナンスが必要になります。このメンテナンスが意外と面倒で、どうしても放っておいてしまう場合が多いようです。外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例

中庭の目隠しに…

外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例

玄関脇の演出に…


 

中庭(駐車・駐輪場)工事

 

外構・造園工事 施工例

コンクリート製枕木の上は車が駐車出来ます。

中庭は、駐車スペース、駐輪スペース、中庭というようにリフォームしました。

 

コンクリート製の枕木は、部分的には車が乗っても大丈夫なように施工してありますので、アプローチ兼駐車スペースとして使うことが出来ます。


また、既存のレンガはテラス状に敷いて駐輪場としています。(リユース!)

外構・造園工事 施工例

レンガ敷きの駐輪スペース

外構・造園工事 施工例

施工前

外構・造園工事 施工例

施工後

中庭は、芝生なども貼っていたようですが、なかなか根付かず、レンガのアプローチのある、少しゴチャっとした印象の庭でした。

 

施工後は、オープンな感じで明るく広々とした印象になったと思います。

 

外構・造園工事 施工例今回、もともとあったレンガを使い駐輪場にしています。レンガの少し古びた感じが、味のあるテラスを創ってくれました。


 

今回の工事を終えて…

 

外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例

今回は、フルートやバイオリン、ピアノの音が聞こえる華やかな現場でした。私自身、楽器(トランペットなど)をやっていますので、何か楽器の音色が聞こえてくると、何となく楽しい気分になります。楽器を演奏することは、非常に贅沢な趣味…と思います。


ちょうど、サクラの花の季節でした。

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例 先日、TVで「ルパンVS複製人間(1978年作品)」が放送されていて、年甲斐もなくついつい見てしまいました。この作品を見たことの無い方も、「私は、マモー…」という独特の物言いは、どこかで聞いたこともあるかもしれません。
タイトルにもある"複製人間"というのは、別の言い方をすれば"クローン人間"ということです。1978年にクローンをアニメで扱うというのは、随分と時代の早い感覚だなぁと思いますが、現実のクローンは、もっともっと身近で歴史的にも古いものです。
植物の世界では、クローンは当たり前のことですし、私達のすぐ近くにもあります。最近ですと、皆さんお花見と称してお世話になったサクラ、その最も一般的なソメイヨシノは、日本全国、いや世界中のものが、すべてクローンです。
ソメイヨシノには子孫をつくる能力がありません。すべて、人の手を介し接木などで増やしています。世界中のソメイヨシノは同じ遺伝子を持っている、つまりクローンです。
今度サクラを見る時は、そんなことも思ってみては…?
     
<<前のページに戻る