外構・造園工事 施工例 No.052  
ワンちゃんのドックランスペースと立水栓の庭のリフォーム工事
 

外構・造園工事 施工例

施工後

庭として、何となく格好はついているのだけれど、何をするのか… 何が出来るのか… という感じの庭でした。


今回、庭を"ドッグランにする"ということで、ワンちゃんのためのスペースとして創ってみました。


外構・造園工事 施工例「庭で何がしたいか!」を決めるとイメージが湧いてくると思います。

外構・造園工事 施工例

施工前


 

デザインプラン

 

今回、とても長〜い庭でしたので、ワンちゃんが走り回るには、ちょうど良いスペースでした。


外構・造園工事 施工例ドッグランとして庭を使う場合、まず庭をクローズすることが第一です。外柵はありましたので、庭の入口と出口をフェンス・門扉で閉め、床面は既存のレンガと化粧砂利を敷きました。

 

外構・造園工事 施工例砂利以外にも、ウッドチップを敷いたり、ゴムチップの舗装をしたり、砂利でも糊で固めて舗装しても良いかと思います。

 

植栽は、もともと植えてあったオリーブを庭の真ん中に移植し、庭のアクセントにしています。

外構・造園工事 施工例

 

フェンス・門扉工事

 

外構・造園工事 施工例まず、ドックランに必要なものは、クローズされた庭です。

今回は、中庭の入口・出口をフェンス・門扉を施工して閉めました。

既存のラティスフェンスは天然木のものでしたが、新しいフェンスは樹脂製のものを使用しました。
タカショーのe-モクプラフェンスという、「天然木のような表情となめらかな手触り」の商品です。
中庭入口の門扉も同じ素材のものを使用しています。

外構・造園工事 施工例

施工後:ワンちゃんも、中庭を自由に走り回れます。

外構・造園工事 施工例

施工前:オープンです。

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例

右側が門扉になっています。

外構・造園工事 施工例

庭の反対側は低いフェンスです。

外構・造園工事 施工例

裏側から見ると、こんな感じです。


 

立水栓工事

 

外構・造園工事 施工例立水栓は、レンガと天然石を使って、オリジナルのものを施工しています。
立水栓も、既製品やユニット式のものもありますが、「○○のために…」と目的がある場合は、
大きさ・形・蛇口等を自由に施工出来るオリジナルのものがオススメです。
今回は、「ワンちゃんのために…」ということでしたので、
大きさもやや大きめで、シャワーを付けたり、蛇口も2つ付けたり、リードフックを付けたりしました。
本当に、なかなか迫力のある立水栓です。

外構・造園工事 施工例

施工後:ワンちゃんの手足ぐらいは洗える大きさです。

外構・造園工事 施工例

施工前:普通の立水栓です。

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例

何かと便利なシャワー付きです。

外構・造園工事 施工例

蛇口は2つ付けてあります。

外構・造園工事 施工例

ワンちゃん用リードフックです。


 

シンボルツリー・サークル工事

 

庭の真ん中にはシンボルツリーサークルを創りました。


外構・造園工事 施工例シンボルツリーは、もともと庭に植えてあったオリーブを移植しました。
オリーブは、葉っぱも良し、木立も良し、実も付けて良しで…

何しろ、“イメージが良い” 植木だと思います。
オリーブほどの良い木を、境界壁際に植えて置くのは、勿体無い!


サークルは、天然石サンドストーンのピンコロを色を混ぜて並べました。

外構・造園工事 施工例

シンボルツリーは既存のオリーブを移植

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例

オリーブは青空の似合う、本当に良い庭木です。

外構・造園工事 施工例

移植するために根巻きします。

外構・造園工事 施工例

サークルは天然石ピンコロで…

外構・造園工事 施工例

オリーブの実です。


 

レンガのアプローチと化粧砂利敷き工事

 

庭の床面は、もともとあったレンガを敷き直してアプローチ風にし、残りの部分は、防草シートを敷いた上に化粧砂利で仕上げました。
とても、シンプルです。

外構・造園工事 施工例

施工後:ワンちゃんが遊ぶには十分なスペースだと思います。

外構・造園工事 施工例

施工前

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例

レンガの並べ方に変化をつけて…

外構・造園工事 施工例

白い化粧砂利は庭を明るくします。

外構・造園工事 施工例

コンクリート製の切り株を…


庭のちょっとしたアイテム

外構・造園工事 施工例

外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例 外構・造園工事 施工例
     
<<前のページに戻る